2019年12月4日水曜日

フィレステーキ120g






ただひたすら美味しかった!!

大満足!!!

すぐに行ける場所じゃないけど、また食べたい!!

2019年11月26日火曜日

ミックス。

邦画の流れで。

いやー、これは惜しい。
映像の感じとはキャストとか色々イイ感じなのに、
脚本というかその辺がどうしてもバチっと来なかった!

動機というか理由というか、
何でそうなってどうなったかがしっくりこなかった・・

何で二人が惹かれあったのかとか全然納得いかなかったわ・・

昔の邦画のオマージュ?みたいのがあって、
そうそう、邦画ってこんな感じだったよなーと懐かしくなりつつ、
ちゃんと腑に落ちない展開に若干イライラ・・という感じ。

あとは広末は最近二番手三番手でも頑張ってるな、という印象。
そこも気になった。

2019年11月24日日曜日

恋は雨上がりのように

大泉洋ってすごいよね、何だか観たくなっちゃうもんね。

そんな理由でこの映画観たんだけど、
この役を大泉洋がやるっていうだけで、
なんだか最後まで観ちゃった感じ。

設定自体はありえない感じなんだけど、説得力があるね。
不思議だなぁ~。

原作のは読んでないけど、原作のエピソードを
卒なくまとめた感じで、割と好感が持てました。

2019年11月23日土曜日

コブサラダ

ダイエット期間に入って、

ファミレスに入ってコブサラダだけを頼んだ時の頑張ってる感。

2019年11月17日日曜日

シャドウ・エフェクト

なぜかランキングの上位にあったこの作品、
SFアクションエンタテイメント!って書いてあるじゃん。
これは観なきゃという事で鑑賞。

出たー!!
久しぶりのザ・B級映画!!

最初のつかみの所でん?おかしいぞ?とは思ったのよね、
首をひねって殺した相手が全然殺した感無いヤツがOKテイクだったし。
中山美穂のセーラー服反逆同盟のOPのバラ投げるあのテイクと同じ雰囲気。

割と予算はあるみたいで、しっかりとセット作ってたり、
CGもあるにはあるんだけど、あっ!って思う感じ。

B級観るぞ!っていう気分じゃなかったので、
わーやっちゃった・・というハズレを掴んだ感じが続く嫌な展開。

お話も、もうちょっと頑張れば、キラリと光る何かがあったハズ、という流れ。
惜しい。

というわけで、色々あってB級映画なのでした・・
何故ランキング上位に来てたんだろ・・B級狙い?

2019年11月15日金曜日

アジャストメント

ブレードランナーやトータルリコールの原作者、フィリップ・K・ディックが原作の映画。
気づけば彼の原作映画はほとんど見てる事に気づく。
その中でアジャストメントは見てなかったので早速。

目の付け所は良いよね。
時間モノなのかな?と思わせる、「調整」ね。

ドラえもんとセワシ君が言ってた例のアレ。
ジャイ子と結婚しないでしずかちゃんと結婚しても、
セワシ君は産まれてくる理論の逆かしら。

と思いきや。

人間じゃない外の存在が、運命を司っていて、その存在の思い描く
流れになるようにエージェントが調整する、というお話。

目の付け所はいいんだけど、その外の存在が何なのか、なぜに
運命を調整しなきゃいけないのか、よーわからんつーか。

動機の所が弱かったので、頑張ってる二人が何で頑張ってるのかよくわからなかった。

何だか惜しい感じ。

もうちょっと具体的に教えてくれてもイイのに。
お前らがくっついちゃうと世界が滅びるんだよ!みたいなね。
それはまあやりすぎかもだけど。

2019年11月14日木曜日

(r)adius

ネットの皆さんと同じ意見。

後半ぐらいまではグイグイと引き込まれていく。
ゾンビモノに近い、ジェットコースター感ある。
そのまま最後までどーんと行ったらめっちゃ好きなお話だったかも。

どうすんねんどうすんねん、わーやっぱりそれかーみたいな。

そんな感じで終わっちゃった。

まあ、普通に考えたらその流れは正しいのかもだけど。

男性の方はともかく、女性の方は死を止める役割だけど、
それって何なんだろうね。アイデアありきみたいなお話でした。

でもまあ良い映画。