2019年12月29日日曜日

LOOP/ループ-時に囚われた男-

ループモノという事で鑑賞。
ハンガリーの映画という事で、何しゃべってるのか全然わかんないのも新鮮。

内容的にはよくあるループものかと思いきや、
割と製作者都合でルール無視のループが起きるタイプで、
これは何も考えないで見るのは難しい所からいくと、
何だかアレ?アレ?ってのが続く感じ。

まあ細かい部分を置いておけば、
ループが重なるにつれてどんどん自分との邂逅はやっぱり
観てて楽しいよね。

まあ気軽に楽しむ系という事でイイ感じでした。

2019年12月25日水曜日

EP9(1回目)

IMAX2D字幕で見て参りました。EP9の1回目。

映画ってコレよね。
細かい事を言うと色々とあるけど、
大きくは大満足でございました。

今までで見た映画の中でも一番の高揚感。
スタッフロールの満足感。
全て終わった感のある充実感。
とにかくよかったです。

余りにもスターウォーズ好きすぎて、
EP8への不満が解消された事もあり、
数回涙が溢れて細かい部分があまり見れなかった。
なので近いうちに2回目見に行きたいのでございます。

会社のお二人の席運をガッチリ頂いたので席も良かった!
ただ、ちょっと前過ぎた。
迫力はあったけど、色々見れなかった感もある。

2回目いつ行こうかしらん。

2019年12月24日火曜日

RFAD 2019/12/24

前回からの進捗、チョビチョビとモデルをいじり、
クマちゃん完成。

これはメタセコイアのサンプルではなく、自分でイチから作りました。
作ってみて思う事。
メタセコイアのクマちゃんよーでけとる!
サンプルだと思ってなめてました・・

とりあえず、このクマちゃんにボーンを何回も入れ直し、
ようやく歩き出しました。

次は、キーボードとマウスで自由に動き回るプログラムへ。

まず、アニメ単品での再生は前と同じやり方でクリア。
次は複数アニメを再生するやり方でハマる。

モデルの初期化で、複数アニメをアタッチしておいて、そのハンドルを
モデルに当て込むのかなとおもってやってみたら、クマちゃんが
マッチョに!!動きもおかしい感じ!!ナニコレ!?

色々やるも、モデルにアニメをアタッチしたら、どんどん追加されるとの事。
要するに、歩きも走りもギンギンに足してたのでマッチョになったのね。
何だか当たり前のことがよくわからんわい。

というわけで、表示する直前にデタッチ&アタッチする事で何とかなりました。

そして問題はキー操作。
ARPGに良くある、WASDで画面上の上下左右を動く、というヤツ。
マウスは見渡し用と、武器使用でございますな。

マウスの移動量を見る、というのが意外と難しかった。
結果、マイフレーム画面の中央にマウスを戻して、そこからの移動量を取る、
という方法を採用。今の所これでOKな感じ。


ワイヤーフレーム上を歩き回っております。
スピードが上がると走りに、下がると歩きにモーションをブレンド。
イイ感じでブレンドされていて、良く分からない感じ。

一旦の目標、クマちゃんが歩き回るが完成したので、次は
「地形モデルの上をクマちゃんが歩き回る」でいきましょう。

なんだかんだ、結局デザインの工数が一番多いのよね・・。

2019年12月22日日曜日

EP7(何回目か)とEP8(3回目かな?)

そろそろEP9観に行くので、いつも通り事前におさらいという事で鑑賞。

EP7は6~7回目になるのかなぁ。映画館で3回観て、ウチでも2~3回観てるなぁ。
EP8は3~4回目ぐらいかな?
もうお話がどんなんなのかはわかってるけど、前後関係などを妄想しながら鑑賞。

すると、レイの生い立ち、レンの生い立ち、フォースの流れなどが何となく
ボンヤリと見えてくる。音楽も段々体に染みてきて、メロディが聴こえてくる。

すると、あれほど腹の立ったEP8が何だかスっと体に入ってきた。
んー、公開当時はあまりに反乱軍に感情移入しすぎだったかなぁ~。

フラットな位置で映画を観ると、7と8の流れ、何だか味わい深いモノに変わってきた。

これはEP9も穏やかな気持ちで受け入れていくしかないか・・

2019年12月17日火曜日

The Road To Fake ARPG By Using DXlib (略してRFAD) 2019/12/17

余りに集中してやりすぎて、肩を壊してしまった・・
結局、今年はゲームやプログラムばっかりやってたからでしょう。
でもそんな事に負けてはおれんのどす。

というわけで、blenderでボーンを入れてアニメさす練習。
いきなりクマちゃんはレベル高い事がわかったので、
豆腐人間を作ってボーンを入れて行く。


豆腐人間は割とすぐできた。
なかなか味わい深い形をしとる。


そして、DXライブラリにもっていくには、fbxでエクスポートして、
DXライブラリのツールでMV1に変換する必要があるそうな。

変換して表示。
でけた。おおー、グレーと黒だけの世界!
よろしいな。

次はボーンを入れていくぞ!
なんかイマイチだけどとりあえず入った!
この状態でDXライブラリで出るの!?

やってみよう。
出た。
流れはこの感じかー。
なるほど。

サブサーフェスを使うと消しゴムみたいな質感になるのね。
面白い。


よし、次はアニメーションできるのかな?
やってみよう!

何とか動いた!!

2019年12月15日日曜日

ファイナルガールズ

タイトルからB級臭がプンプンするタイプの映画。

ループもののおススメに出ていたので鑑賞。

お、これは期待しないで観たらなかなかの掘り出し物と言えるのでは。

とにかく、アイデアが良くあるようでなさそうな、ホラー映画の中に
紛れ込んでしまう主人公達というのが結果、実に良かった。

メタ視点というか、ホラー映画の中には主人公のお母さんの若い頃が
いて、心を通わせる所とか、ホンワカしたね~。イイね~。

細かい設定やなんやかんやはもう勢いで、大きく整合性が取れていれば
良いというスタイルで、それを余り違和感として感じさせない部分も良かった。

監督の手腕なのかなぁ。

コメディーでホラーのスパイスがかかってて、実はハートウォーミング
という不思議な映画でした。良い映画。

2019年12月14日土曜日

DXライブラリでニセARPGへの道

DXライブラリを使ってニセARPGを作ろう!という目標を立てました。

まずはメタセコイアのサンプルの、座ってるテディベアを立たせてみる。
足の肉球を削除して、足を回転させて立たせて、手はTポーズへ。

次はDXライブラリ上で表示!
曲面、ミラーのフリーズをしてないと読み込めないという
基本知識を忘れていて若干てこずったものの、無事表示。

なかなか良いデザインですね!

今回は640*360を2倍に引き伸ばして表示するようにしております。
懐かしいドット感のある雰囲気と3Dとのバランスを見つつ、とりあえずコレで。

次はメタセコイアでボーンを入れてみる!
ところどころボコボコしてるけど、ボーンは入ったよ、と。

色々調べながらやってるけど、すごいビックリしたのが、
メタセコイア単品ではモーション作成できないのね。
昔はkeynoteっていうプラグインでできたみたいだけど、
今はできない感じ。これどうやってゲームでモーションつけるのよ!!

結局blenderをインストールする事に・・。
メタセコイア買ったのに・・。

ものすごーく昔にチラリとだけ触った事のあるblender。
全く何も覚えてないので、ゼロからのスタートとなりますな・・。
しばらくはblenderの操作方法を覚えないと・・。

とにかくクマちゃんにボーンを入れてアニメさす所が最初の目標。

blenderでやっとレンダリングできた・・
操作方法が独特すぎてたまらんなこれ・・

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

そうだ、この映画のCMでトニーが死ぬって言ってたネタバレ、本当にプンスカだったわ!
CMでネタバレするってどういう事!?ありえねーっつーのー!!

エンドゲーム見てても、あーはいはい、トニーはここで死ぬのね、的な。
できれば、うそっ!!マジでっ!!ありえない!!って思いたかったわ。

んで、おこ!な気分をおさえつつ鑑賞。

あらいやだ、普通に面白かった!!

やっぱり若者が主体となっている青春映画なので、
若さが溢れていて、物事がすぐに深刻な感じにならないし、
ヒーローと恋を天秤にかけちゃうところとか最高ですな。

全体的にお話もしっかり練られてたし、MCU全体とのバランスも良かったし、
悔しいけど、良作でございました。

MJ役のゼンデイヤちゃんは若く見えるけどもう23歳!

ナイスな配役でございました。

面白かったです。

2019年12月4日水曜日

フィレステーキ120g






ただひたすら美味しかった!!

大満足!!!

すぐに行ける場所じゃないけど、また食べたい!!