2019年9月8日日曜日

アヴェンジャーズ エンドゲーム


ようやく配信来たので鑑賞。

やっぱりだけど、劇場公開から配信までのこの期間内で
何とかネタバレを避けようと努力してきたけど一部ネタバレあった。

まず、スパイダーマンのCM!これはイカンよ!!一番ネタバレしたらアカンやつを
CMでネタバレするなんて!!最悪だ!!

そして、何かの記事に当たり前のように書いてあった、「キーはアントマン」みたいなの。
これは迂闊に読んでしまった。これ読まなかったらもうちょっとドキドキできたのに。

くっそー!

今年の年末のスターウォーズは、一発目をどうやって見るかがポイントっぽいなぁ。

そして内容。

3時間もあるよな・・と身構えてたけど、そんなに長くは感じなかった。
ただ、タイムマシンでいくで!ってなるまでの1時間はちょっと冗長だったかな・・。
キャラクターが多いので、誰をどの位描くのかが凄い大事で、その辺の配分が
まあある程度はうまくいってたとは思うけど、消えてた人達がやっぱり居ないのは
ほんと寂しい感じある。

途中の過去に戻って・・のくだりは、まあ色々あって楽しかった。
ここもっとメインでやって欲しかったわいよ。
時間モノ好きだから。

まあいつも通り矛盾は目を瞑るんだけど、今回のは矛盾がいかにも無いみたいな
納め方をしてたのは気に入らん。矛盾だらけだろーが!ぷんぷん!!

時間モノはとにかく矛盾をいかに観てる人に気づかせないようにするかが大事。

そういう意味では大きくは成功していたとは思う。

それにしてもナターシャの扱い酷くない・・!?
あとトニースタークの指パッチンはどういう事!?ってなったかな。
指パッチンって一体何!?

最後の方はかなりグっと来たし、MCUが好きだけどアベンジャーズはちょっとな
みたいな感じあったけど、とにかく一旦区切りが来たようで寂しい感じもある。

あと、ペッパーポッツのアイアンマン、最高にカッコよかったけど、出番がちょっと!
もうちょっと見たいし、あれだけで映画一本作れるんじゃねーの!?