2019年10月22日火曜日

ZEGEN

このミステリーがすごい!で章を取ってるらしい。

という事は伏線やなんやかんやが楽しいのかしら!?
という感じで見続けていったけど、なんじゃこりゃ!!

まあキャラクターというか、登場人物が憎めない人たちばかりで、
その人間模様は面白かったけど、肝心のお話はうっすいうっすい。

これは2時間ドラマぐらいでちょうどええのよ!
なんとなく倍くらいの尺に伸ばしてしまった感じ。

キャラは良かったので惜しい!!

2019年10月20日日曜日

JOKER


休日の昼間の映画館で鑑賞。

まず、休日の昼間はお客さんの質がイマイチ!
ポップコーン食べに来たのか映画観に来たのかどっちやねんと。

特に、ドンパチとかゾンビ系のワーワーな奴とかだったら全然OKだけど、
今回みたいなJOKERなんか、一般の人が見て楽しめたのかいな。全く。

前半はほとんど盛り上がりも無く、退屈に過ぎて行く。
とにかく主人公に感情移入すると辛い感じばかりがつのる。

最後はどーんとカタルシス感もあるけど、部分部分はとにかく辛い。

どこが妄想でどこが本当なのか全くわからない。
一説には、最後の刑務所の部分だけが現実という説も。

全体的に重く苦しい映画だったけど、まあ1900円出して観るだけの価値はある。
観るべき映画。

ヒース・レジャーのJOKERが高評価だったバットマンも観て比べてみたい。

それにしてもゴッサムシティのディストピア感はどうも好きになれないわ・・

2019年10月6日日曜日

コンフィデンス

どんでん返しもの、という事で鑑賞。

それなりに楽しめたけど、何と言うかおーっ!と盛り上がる感じが
あんまりなかったかなー。うーん。

詐欺の人達が騙しだまされて、最後は観てる人を騙すという流れ、
全てが予定調和の中にあった感じ。

はーい、最後で騙されたでしょ、みたいなのは、コッチ的には
んー、まあそりゃそうだけどさ、という。

良い所と言えば、レイチェルワイズがイイ感じだった所かしら。
一番ノリノリの時の映像だもんね。もっと出したら良かったのに。