2022年11月26日土曜日

RRR


 とても評判が良かったので
エキスポシティへ観に行ってきました。

事前に3時間の映画と言われていたので、
おしっこタンク対策にお餅を食べて臨みました。
結果的にはうまくいった!
お餅凄い!!
今後も長い映画はこれで乗り切ろう!!

そして内容。
評判通り、3時間飽きない作りはお見事。
確かに無駄なシーンは全然無かった!!
インド映画は大味で適当という偏見があったけど、
繊細な脚本に編集、
大げさなアクション、ダンス、どれも素晴らしかった!!

ただ、お話はとにかくシンプルな勧善懲悪モノで、
これといったどんでん返しも伏線回収も無いので、
見るタイミングによっては物足りないかも。

スカッとした映画が見たい!という時にバッチリ。

そういう意味では完璧な映画でした。

そして映画館名物のダメ客も居なくて、
快適に見る事ができました。
ありがたや・・

2022年11月23日水曜日

キャシアンアンドー シーズン1

 


遂にキャシアンアンドーもシーズン1が終了。
シーズン2も撮影が始まる感じだそうな。
見られるのは2年後。
それまで必ず生きていたい!!

それにしても、
最近のドラマは凄いのは本当に凄い。
今回オビワンケノビみたいに号泣という方向性では無かったけど、
血が逆流するかのような興奮を何度も何度も覚えた。

コレといったハッキリとした悪いヤツがいるわけでもなく、
これといった大儀があるわけでもなく、
運命にただ流されていくアンドーを見るだけのこの作品。

とにかく面白かった、の一言に尽きる・・

美術セットや展開が凄くて、
とにかくスターウォーズの世界で生きている感じがする。
後何年かでヤヴィンの戦いが実際に起きる気がする。
凄まじいリアリティ。

帝国軍の圧迫感が回を追うゴトに少しづつ強くなっていく感じ。
どんどん息苦しくなっていく感じ。
これは映画には出せない、ドラマならではの感触だわ・・

この時代に生きていて良かったと思える作品でした。

色々見どころあったけど、
ルーセンの船が帝国監視船の拿捕試みから脱出するシーケンス。
これ本当に神がかってた。
このシーン考えた人天才かもしれん。
もう一回見直してみたけど、身震いするぐらい良く出来てる。

シーズン1全体を通してみても、
そんなに重要なシーンではないんだけど、
これがある事でとにかくスターウォーズの世界に居る感覚が
バチクソ強くなるのでありました。

うーん、後は見てないボバフェットをこなしたら2年後までディズニー+は
休憩かしら・・どうしよう・・

2022年11月20日日曜日

ゴーストバスターズアフターライフ

 


少し前からチェックはしていたこの作品。
少しづつ音ゲー開発のペースも見えてきたので鑑賞。

リブートでもリメイクでもなく、
ゴーストバスターズの世界のその後を描いている。
となると、今まで起きた事が今回にも繋がっているわけで。

途中、女性だけのゴーストバースターズもあったけど、
あれには特に言及もなく。

むっちゃファンという訳ではないので、オマージュとか
細かい設定の部分はあんまりわからなかった。

見終わって感じたのは、
ホロリも来たし、盛り上がりはした。
何というか、
あの頃のハリウッド映画の雰囲気の再現は出来てた感じ。
なので2時間という長さも許せるというか。

脚本がめちゃ良く出来てたかというと、
そういう部分ではそんなに大したことなくて、
またそれがあの頃のこの手の映画の感じにも似ていて、
そういう意味でも雰囲気を味わえた感じ。
登場人物が少ないのはイイね。

主役の女の子がとにかく素晴らしくて、
この子が居て成り立つ感じでした。
良くここまでおじいちゃんを彷彿とさせるよね。
後で調べたら全然本人似てない。
カメレオン俳優さんか!

物足りないでいくと、音楽。
もう少しこの手の映画はハリウッド劇伴をやり過ぎ位やっても
良かったんじゃないかなー。
あれは職人芸で、もう今の人には無理なのかもね。
プロダクションの進め方とかも含めて。
ちょっと残念でした。

個人的には、ゴーストの事を話している主人公達が、
最初はバカにされるけど、
結局は町の人達に感謝される、っていう構図が欲しかった。
これがあったらもっと高得点だったな~。惜しい。

でもおじいちゃんゴーストバスターズが集まった時は
盛り上がったね!

最後のおまけのトコも楽しかった。

思ってたよりは楽しめました。

2022年11月13日日曜日

ジェントルメン

 

わー、何か久しぶりの映画!
音ゲー作りも終盤に入って来て、
流石にアウトプットばっかりだとマズい感じになってきた!

そこでU-NEXTおススメのこの映画。
実はそんなに興味も引かれたわけでは無いけど、
評判がやたらと良いのと、ガイリッチー監督作品という事で鑑賞。

で、
コレは面白い!!!
まず、脚本がとにかく良い!!
話の構成も良くあるようで無くて、色々と工夫が満載だったので、
見終わった後の満足感が凄い!!

チャーリーハナムとコリンファレルの違いが
良くわからなくて、途中あれ?ってなったけど、
良く見たら全然顔違うのよねうふふ。

今映画を振り返ってみると、
各所に仕込まれた仕掛けが、
最終的に全部バシーーーっと繋がる感じ。
これがとにかく気持ちよかった!!

映画の話なのか、本当に起きた事なのか、
どういう事なのか最終的にはケムに巻かれたので
見終わった後フワフワしたキモチ。

映像のハイセンスな感じとか、
編集のキレの良さとか、
イラっとさせておいてスカっとさせる感じとか、
役者さんの力とか、
とにかくどれも素晴らしかった!!

いやー、名作でございます。
これが2021年公開の作品か!!

まだまだ映画は色々できる!!
凄い!!

2022年10月1日土曜日

プリズンエスケープ

 


結構前に予告を見た事があって、
ショーシャンク的な脱獄ものという事で、
気楽な気持ちで鑑賞。

もうね、
ストーリーとか無いのよね、
ずっと見つかるか見つからないかの
ドキドキが続くだけの映画。

流石にちょっとしんどくて、
ポコポコと早送りしながら見ちゃったので、
感想を書いてはいけないのかもしれないけど、
見終わったという事で記録。

映画が終わって、グッタリ・・

2022年9月18日日曜日

ソー:ラブ&サンダー

 


MCUここんところのあるある祭りで、
もうこの沼からは抜けられない気がする!

退屈でも無かったけど、
そんなに見どころも無いというか・・

ラブちゃんはクリスの娘ちゃんなのね!!
まったく、最近見たクリスの奥さんの映画もだけど、
私物化が激しい!!

コメディ色強めだけどそんなに笑えるわけでもなく、
深刻な事が起きてるけどファンタジー強めなので現実感なく、
これぞ、ポップコーンとコーラ片手に観る映画と言えるのか・・

そもそも、映画という娯楽はそういうものなのかもね。フフフ。

2022年9月11日日曜日

ジャングルクルーズ

 


土日にやるべき事をしっかりやった自分へのご褒美という事で鑑賞。

ディズニーランドにあるジャングルクルーズを原案に、
ドウェイン・ジョンソン主演のアドベンチャー大作。
うん、まあ思ってたよりは面白かった!

何より、音楽が凄かった。
最近で一番良かった気がする。
余りに気持ち良かったので、音楽聴くためだけに
エンドロール最後まで見ちゃった。
映画館では最後まで居るけど、
自宅では珍しい~

古き良きハリウッド映画的な、
そうそう、こういう響きの音楽待ってたのよ!って感じ。
調べたらジェームズ・ニュートン・ハワードさんという
70歳越えの超有名作曲家さん!!
この作曲家さんの映画何十本と見てます!
お世話になってます!!

こんな高齢になっても、
ドキドキワクワクするような柔軟な創造性を発揮できて、
何だか羨ましくて頼もしい感じ。凄い。凄すぎる。
音楽の良さで映画のレベルが随分上がった気がする。

お話もとっても良く出来ていて、
中だるみも無いし、
流石ドウェイン様という感じの魅力もあったし、
十分楽しめる内容でした。
ディズニー的な危険がそんなに危険じゃない展開も
今は丁度心地よい感じする。

満足映画でした!!

2022年9月1日木曜日

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

 


昔どこかでおススメで出ていて、
その時はそういう気分じゃなかったので観なかったけど、
今回たまたま何かのめぐり合わせで鑑賞。

いやー!
参った!!
久しぶりに映画見てて
「えー---っ!!」
ってリアル声が出ちゃった!!

ここまでしっかりと騙されるとは思わなかった・・
確かに最後まで見れば納得のお話。

テンポとか動機とか、
とにかくどれもずば抜けて良かった!!

無駄な時間が一切無いし、
少し早めの謎解きの答え合わせに違和感あったけど、
そういう事だったのか!!
参ったなー・・

いまだにちょっと興奮が取れない・・

凄い作品でした・・
素晴らしかった。

2022年8月28日日曜日

オカルトの森へようこそ

 


久しぶりの白石監督作品のPOV!
ようやくこの世界観のが観られたという感じ。

コワすぎ!もそろそろ新作を作るみたいで、
またどんな作品に出会えるのか楽しみ。

で、この作品。
とにかく、フェイクドキュメンタリーで長回しなのに、
お話がどんな風に進むのか全然わからない。
あらゆる箇所で予測不可能。
白石監督の良さがめっちゃ出ていた。

少々退屈な所もあるけど、
それも後になって考えるとちゃんとフリになってる。

全6話見終わって、
ゆっくり考えてみたけど、
この訳のわからない作品にしっかり脚本があって、
CGやリハーサルがあって、
念入りに撮影されてるとは全然思えないのがとにかく凄い。
ホント、どうやってんだろ??

その作り物とリアル感の絶妙なバランスが
白石監督作品の魅力。

とにかく無茶苦茶なんだけど、
振り返ると一本の筋がしっかりしていて、
見終わった後の何とも言えない満足感に繋がる。
脳みそをグチャグチャに搔きまわされる感覚。

誰でもおススメできる作品ではないけど、
良く出来たお話でした・・。

2022年8月21日日曜日

呪詛

 


最近白石監督のコメディホラー「オカルトの森へようこそ」が
最終話目前でかなり盛り上がっている。

ミッドサマー以降、ホラーはあんまり見たくなかったけど、
白石監督や、色々な場所で言及されているので、
これは見ておかないと系かなと思って鑑賞。

結果、クリエイティブな部分はめっちゃ良くできてて、
セットや撮影ナド、POVならではの工夫が素晴らしく、
CGも音もイイ感じ。
ちょっと編集がダラダラしていてあと30分くらい減らせるんじゃ
ないかなと感じる位かしら。

で好きか嫌いかで言うと、ミットサマーと同じ、
not for meでした。
好きな人は好きな映画だと思う。

流石にリングの呪いのビデオを見て
自分も呪われた!って思う人は居ないと思うが、
今回のもそのスタイル。

観てる人を最後にトコトン嫌なキモチにさせる事は
100点だったと思う。

で、見終わった後の嫌なキモチは、
この映画が好きだ!とはならない方向性でした。

ただただ、嫌なものを観た感じ。

しばらくホラー映画は見たくない・・

2022年8月16日火曜日

コンフィデンス(二回目)

 


U-NEXTのおススメで見始めたものの、

何となく漂う既視感。


ん-、これは前にも見た事あるな・・

何となくこの後の展開知ってるな・・

と思いながら鑑賞。


途中でやめようかなとも思ったけど、

お話としては面白いので結局最後まで見る。


オチもわかってたのでどんでん返ししなかったけど、

知ってて見る方が面白い映画かもしれないかなとか、

そんな事を考えながら鑑賞。


うん、確かに、一回目よりも余裕があるので、

何だか細かい部分に気が回って、

前より良い印象でした。

お盆の最後はこの映画で締めくくるのも良いですな。

やはりレイチェル・ワイズが良かった。

2022年8月15日月曜日

アンチャーテッド

 


日中やらなくてはいけない事を頑張ったので、

ご褒美に取っておいた映画。


元々のゲームは1回PS3でやった事あるかな位。

B級映画的なカットシーンが楽しかった印象。


今回この映画は主役の中でもクロエが再現度高い感じした。

後は殆ど良くわからない感じ。


ゲームの中で起こる無茶苦茶なアクションも

イイ感じで再現されていて、

インディジョーンズ的な謎解きもあって、

豪華な映像やセットもあるし(殆どCGなのかしら?)、

見終わった後の大作を観た感はある。


ただ、感性の問題なのか何なのか。

バチっと入り込めない部分が多かった。

何だろう、全然悪い映画では無いので、

高いレベルでの話でもあるのだけど。


ふと、映画を観てる感じになっちゃう瞬間があって、

見終わって、わー現実に戻ってきた!みたいな

没入感があと一歩無かったなぁ~~。

うーん、どこだろう・・


2時間の映画なのに、もっと長く感じたし。


編集?脚本?わからん・・

多用されたCGの質感?

トップガンマーヴェリックのあの生々しい映像を見た後だから?


まあでも、良く出来た映画ではありました。

2022年8月14日日曜日

デイシフト

 


ネットフリックスおススメという事で鑑賞。

ヴァンパイアものは相性が悪く、

これだ!というものに当たった事が無いけど、

今回もこれだ!という感じも無く終了。


黒人系の陽気な音楽から始まるいつもの感じ、

まだ2022年でもやってるのね。

この手の映画は時々あるけど、

見終わった後の印象は大体同じ。


ただ、アクションは良くできてて、

アクション目的で観れば飽きないのかしら。

個人的にはお話が良く出来るかが大事なので、

ヴァンパイアの設定や動機の部分ナド、

もう少し作りこんで欲しかったかなぁ。


ヘザーや相棒はヴァンパイアなのに

何で一緒に戦ってるのか、

イマイチ良くわからなかった。

(今ヘザーの説明部分を見返してみたけど

やっぱり良くわからんかった!!)

最後の敵もおもてなし系のラスボス戦で

もはやオマケみたいな感じでした。


うーん、

ダメとも良いとも何とも言えない感じでした。

2022年8月10日水曜日

インターセプター


 ネットフリックスで人気という事で鑑賞。

クリスヘムズワース制作総指揮の映画という事で、
本人も出てますが、主役がクリスの奥さん。
キャストも知り合いという事で、
仲間内でワイワイと作った映画という感じでしょうか。

とにかくツッコミ所満載で、
そんな大事な所がスカスカでどうすんの!?って感じで。
そういうもんだという暖かい目で頑張ってみれば
1時間半くらいの映画なので楽しめる感じ。

それにしてもクリスの奥さん、
めっちゃ頑張ってます。
ダイハードのブルースウィルスのような。
体も鍛えてて、役割的に違和感なかった。
凄い。

テンポも悪くないし、
映画の作りも頑張ってるんだけど、
後もう少しリアリティがあれば
もっとしっかり楽しめたかもね!!

その位の映画でした。
まあ規模感的にいい感じでしょう。

2022年8月6日土曜日

羊の木

 


なるべく作品の感想を悪く書きたくないので、
この作品はブログの記事にするかどうか迷ったのでした。

観ていて掴まれないので、
何回かに分けて、何とか最後まで。
でもまあ、見終わったので書かないと。

設定は凄く良い。
殺人犯達に第2の人生を与えるというベースのお話。

で、
結局人殺ししちゃう人も出てくる。

考察を見ると、再犯の率と同じ位になっているそうで、
そういう意味でもリアリティがあるみたいね。

まあでも、そんなに掴まれなかった理由を色々考えてたけど、
日本映画独特の、この編集方法が合わないのかなーと、
何となく思った。

意味ありげにとにかく切るのよね。
結構ずーっと。

という事は、ベタな編集が個人的には好きなんだ、
という事を発見したのかもしれん。
そういう意味では収穫はあったのか。

トップガン マーヴェリック

 


とても良いというお話を受け、
前の日に前作をしっかり観てしてから鑑賞。

正直、期待感はそんなに高くなかったけど、
見終わった後の満足感にビックリした!!

1作目は、観たつもりでいたけど、
どのシーンも全然覚えてなかったので
もしかしたら観てなかったのかも・・。
それか完全に全部忘れてるのか。

とにかく、80年代のあの頃独特のざっくりとした映画で、
ストーリーも王道でわかりやすく、
主人公達の恋模様なんかもいきなりすぎて笑っちゃった。
フィルムグレイン多めの味のある映像で、
音楽もベタ過ぎてこれも笑っちゃう位。

で、今作。

80年代のあの頃の映画を見終わったかのような、
何ともスカッ!とした気持ちで映画館を出る事ができた!!

お話も意外としっかり王道で、
映像はやはりCGじゃない部分の圧倒的な説得力が凄い。
CGはあらゆる映像表現を可能にしてきたけど、
実際に戦闘機を運転した時の映像を
ここまで再現出来る事は無いでしょう。
俳優さんの演技も含めて。
やはり実際の映像は凄かった。
あの気絶しているシーンはどうやって撮ったんだろう・・

そしてトムも還暦。
世代交代のお話かと思いきや、
ちゃんとトム・クルーズ主人公の
トム鑑賞映画になっちゃってる!!
これがまた還暦トムも超カッコいい!!

この年でまだラブストーリーもいけちゃう!!
恐ろしい!!

前作を見ておいて良かったし、
後は席の運も良かった。
ただ、前の方は首が疲れるのよね・・
映画館はそこが難しい・・

2022年8月1日月曜日

食べ放題焼肉



 

二部のマネージャーが集まって飲み会。

甘太郎で食べ放題焼肉。


みんな無茶な頼み方をするので、

そのしりぬぐい的な食べ方に毎回なるのよね。


お酒も飲まないので、

何とも言えないモヤモヤは続く。

2022年7月30日土曜日

ナイル殺人事件

 


今日はこんな感じのが観たかったという感じで。

ディズニープラスはオビワンケノビの為に入ったけど、
時間を開けてもう一回観たいのでまだ加入中。
月1000円は地味に痛い。
で、元を取らなきゃ!という感じで鑑賞。

前回のオリエント急行殺人事件は4年前。
ボンヤリとは覚えてるけど、
ブログを確認したらそんなに思い入れも無かった様子。
(スターウォーズのレイが出てた!)

今回も感覚としては同じで、
映像も綺麗(若干CG臭い感じは多かった)だし、
キャストもイイ感じだし、
編集も音楽もバッチリ。

お話も古典という感じで、
名前は知ってるし映画化する位なので
とにかく滅茶苦茶良くできてる。

トリックも練られてるし動機も抜群だよね。
ポワロの過去も紹介されて、それがお話にも影響する。
素晴らしい。
色々と材料は完璧!

で、
刺さったかというとそうでもない感じだった。
うーん、
個人的にこういうジャンルが刺さらない体質なのかも。
まあでも映画としてはとても良く出来てました。

2022年7月28日木曜日

久しぶりのビッグマック


 何年かぶり位の、
久しぶりのビッグマック。
前は間のパンが要らん、って思ってたけど、
今回は全然そんな事無くて、
また食べたい!って感じでした。

それにしても夏休みのマックは
平日でもぐちゃごみで、
死ぬほど列で待たされた・・・

モバイルオーダーとか、ドライブスルー優先なのは
何だか納得がいかないよね・・

2022年7月24日日曜日

グレイマン

 


アナデアルマスのインスタは
宣伝がある時やたらと更新するのよね。

で、最近やたらと更新しまくりで、
この映画の事ばっかりという感じで。

そらまあ見るわよね、気になって。

んで、見たらアナデアルマス鑑賞映画としては
抜群のデキでございました。

アクションに次ぐアクション!!
アクションだらけ!!

アクションはとにかく良くできてる!
アクションばっかりなのに全然飽きない!!

でもまあストーリーがおまけ。

動機が大事なアテクシにとっては、
ちょっと消化不足。

終わり方も、
続きがやりたいのか、
本当の意味での悪はそのまま。

まあこういうのもたまにはいいわね。

2022年7月23日土曜日

スガキヤ相席



 

スガキヤのラーメンを食べる為に、

わざわざ1時間半以上かけて遠くのお店まで行く。

知らないおばあちゃんと相席。

一人でも色々な所へ食べに行くぞ!

2022年7月19日火曜日

取ってくる系の食べ物

 


続けて新人が入って来て、

歓迎会も開ける事に。


そこは自分で取ってくる系のお店でした。

そんなに食べられないので、

取ってくる系はそんなに行かないけど、

たまにはいいわね。

2022年7月17日日曜日

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス

 


色々やっつけたご褒美という事で鑑賞。

MCUは映画だと9割位観てるんだけど、
毎回同じような感想になっちゃうよね。

「世界が繋がってるので敵を作るのに困ってる」

今回はアベンジャーズの中から敵が登場。
どうも、ディズニープラスでワンダビジョンを観たら
なぜそんな事になったのかが描かれてるらしい。

いやー、テレビシリーズまで網羅となると、
どえらい量になるし流石に無理・・!

で、味方だったワンダがすっかり悪人として登場。
しかも動機がショボいというか・・
その理由で2時間の映画作っちゃうの!?って感じで・・

アベンジャーズの時の活躍はボンヤリと覚えてる程度。
でも、こんなに強くなかった気がする。
流石に1本の映画の最後の敵なので、
もの凄く強くて、そこがめっちゃ違和感!!
ここまで強かったら、アベンジャーズ要らん!って位。

マルチバースはやはりMCUにとっては
困ったときの打ち出の小槌みたいになってて、
制作側に都合が良すぎて
色々矛盾があってモヤモヤする。

アース616でのお話、そろそろ限界かしら!?

2022年7月7日木曜日

初のテールスープ

 


誕生日焼肉の最後に、

始めてテールスープを頼んでみた。

美味しかった!!

けど量が多いので、次は無理かな・・

2022年7月6日水曜日

ハッピーバースディトゥミィ

 


遂に52歳!!
最近は時間がどんどん早く感じる事に慣れてきた感ある。
今を一生懸命生きる事にフォーカスできてる。

仕事ではリボーンを求められ、
私生活では楽しい事が断続的にやってくる感じ。
常に大体楽しい素晴らしい人生だことよ。

・チョコミント青梗菜の次の企画スタート
・自作DAWで楽曲づくり

今やってるのはこのあたりかな。
一つ一つ丁寧に楽しんで取り組んでいくぞ!!

お寿司ケーキに焼肉うなぎ天むすを食べて
お腹いっぱい!!!
明日からは高たんぱく低カロリー食に戻します。

2022年6月26日日曜日

オビ=ワン・ケノービ

 


結論から言うと、
号泣。

人生で一番表現物を見て泣いたかもしれん。
そのくらい泣いた。
見ながらどんどん涙が零れ落ちるんだもの。

何が凄いって、見終わった後、
内容を思い出しながらもう一回泣いたね。

その位どっぷり浸かった感じある。

いやー、面白かったなぁ~~。
まあ、所詮ファンムービーなので、
誰にでもおススメ出来るモンでもない。
STARWARS好きじゃない人は、
何でこれで泣けるのかわかんないかも。

でもこっちはもう人生STARWARSみたいなトコあるじゃんか。
すんごい小さい頃にEP4を映画館で見て、
激しく衝撃を受けて、
そこからは人生の区切りで必ずSTARWARSよ。
DVDコンプリートした後はブルレイも買ったしさ。
他のどえらいファンに比べたら全然たいした事は無いけど、
まあ好きなのは好きって言っていいでしょう。

その位STARWARSな人にとっては、
これは本当に素晴らしい作品よ。
EP3.5と言っても全く問題無いね。

まず、オビワンの描き方、凄く良かった!!
自分の弟子をあんな形で失った後は、
アナキンの息子を見守る事しかできないわけよ。
罪滅ぼしとしてさ。

そしたらレイアを助けてくれって連絡来るじゃない。
もうフォースも使えないくらいヨレヨレのじじいになってたのに、
少しづつ力を取り戻していくのよね。

そしてこのレイアがめっちゃ良かった。
この役者さん凄かった。
この子のおかげでこの作品のレベルがクソ程高まったと言える。
とにかく最高の役者さんだった!!!

で、細かくは、何なコレ?みたいな所もあったのはあった。
まあドラマだからね。
規模感というかスケールの部分はしょうがない。
でも、要所要所でしっかり見せ場もあったし、
アナキンとオビワンの二人の関わり合いが
全6エピソードに綺麗に散りばめられてて、
見終わった後の満足感凄い。

エピソードがちょうど本編のEP1~6とシンクロした作りになってたり、
内容に細かく本編と繋がる演出が細部に施されてたり、
見てて気持ちイイのよね・・・

ラストのアナキンとオビワンの戦い、
スケールこそそこそこだけど、
とにかく高まったし、最高だった・・
ずーっと気になってたアナキンの声問題。
ヘイデンクリステンセンとジェームズ・アール・ジョーンズの声や
喋り方が余りにも違ってたので同一人物とは感じにくかった。

でも最後、肉声とマイクを通した声のミックスのシーンがあって、
これが本当に最高だった・・
つながった!!って感じで。

そして何といっても、音楽!!
ジョンウィリアムスでは無かったけど、
テーマはジョンが書いてて、
最後はフォースのテーマと帝国のマーチも流れて、
場面にもバッチリ合ってたし!!
オビワンのテーマも凄く良かった!!
これも満足度高かった!!

オーラスで、事後の事態の収拾にもしっかり時間を取ってくれて、
そこも凄く良かったな・・・
レイアに対して両親の話をするシーンなんてもう!!

ああ、思い出しただけでたまらん・・

もう少ししたらもう一回見よう・・
今度は涙でぼやけない感じで見られるかな・・

2022年6月14日火曜日

接待たこ焼き

 





接待でたこ焼き。

今後はこういう事も増えるんだろう。

2022年6月13日月曜日

ストレンジャーシングス4

 


ありゃりゃりゃ、こりゃ参った!!
遂に最終シーズンの一つ目公開っちゅー事で、
楽しみだったけど、正直そんな期待してなかった感じなのだけど。

いやー、参った。
めっちゃ面白かった!!!
ヤバイ!!!
途中から止められなくて、
イッキに観ちゃった・・
ドラマはこれだから嫌なのよね・・

で、
お話がとにかく良く出来てた!!!!
最初この子誰だっけ位子役が成長してて、
声も低くなってきてて、
そういう役者さんがスクスクと大きくなる様子に
ほくほくと目を細めてみていたら。

むっちゃいやな事が結構続くのよね!!!
とにかくずっと嫌なの!!!
共感性羞恥が激しい人は見られないんじゃないかしら。
サラっと見てるワテでもかなりキたかな・・

でも登場人物もその中で、
少しづつ成長していくのよね。

そんで色々あって伏線全回収!!
リアルでうわーっ!!って声出しちゃった。
そうなんだ!!とか叫んじゃった。
どんでん返しでも無いんだけど、めっちゃビックリした!!

とにかく、全部の話がビヤ~~~っとまとまるの、
本当に気持ちイイったらないね・・
たまらんわ・・・

これだけ満足感あるのに、
7月には最終シーズンの最終が公開されるのね・・!
あかん、楽しみ過ぎる・・・!!

2022年6月8日水曜日

映画見て天丼

 


シン・ウルトラマンを観て、

フードコートで天丼を頂く。

最近はこうやって一人で行動する事も増えた。

シン・ウルトラマン

 


丁度タイミングが合ったので、映画館で観てきました!

思いついたのが朝。
予約したのが8時半。
上映開始が9:25。
そんな強行スケジュール!

中に入ると予告編のCMが始まっていて、
最近ではこういう途中で中に入る事は殆どないので新鮮。
客もまばら。

小さい場所だったので、(エキスポシティ6番)
一番後ろの真ん中の席を選択。
周りに人は居なかった。

正直ちょっと眼鏡の性能的に
一番後ろはピントがしんどい感じ。
急だったので眼鏡を綺麗にするのを忘れて
ちょいボヤけで残念。

後は左前に遅れて来たおっさんが
映画中ずーっと物音を立てていてうるさかった。

エキスポシティにしては小さい所だったので、
隣の低音が引っ切り無しに聴こえ、
静かなシーンが台無し。

やはり、よっぽどの事が無い限り映画館で見るのは避けたい。

で、内容。

面白かった!!
ウルトラマンをこういう切り口でリブートするのね、という感じで、
旧作へのリスペクトも凄く感じて、
要所要所で旧作まんまの雰囲気があって楽しい。

シンゴジラ的な政治的な側面もしっかりとやってて、
でもやりすぎないバランス感覚も良かった。

お話の辻褄がしっかりあって、
動機に違和感が無いので
クライマックスの高揚感や
終わった後の満足感もめっちゃあった。

気になったのはセリフ回し。
庵野さん独特のしゃべり方が違和感でした。
まああれは個性という感じか・・。

アクションシーンも少なめで、
個人的にはこっちの方がしっくり来た。
色々とお膳立てしてさっと決着付ける感じ。

外星人とのやり取りも
見た事無い感じで新鮮。
旧作そのままらしいのだけど、
この感じのを50年前にやってたの凄い。

まあ総合的には映画館に観に行って良かったかな。
水曜日の1200円デーだったし。

2022年5月29日日曜日

シンクロニック

 


U-NEXTのおススメ。
時間モノ好きという事で鑑賞。

なるほど、確かに制作陣のやりたい事はわかる。
時間モノでもコメディー的なのやアクション的なのがあるけど、
そういう方向じゃなく、
どっちかというとSEVENとかメメントとか、
センス系の時間モノ撮りたかったのかしら。

まあわかるけど、
全体的に暗くて地味で、
設定や脚本のツメが甘くて
んー、それだったらこうなるんじゃない?
というのが映画見ている最中に気になっちゃうパターンのヤツ。
センス系まであと一歩という感じ。

何かを言いかけて答えを出さずに次へ行く事が多くて、
それも地味にモヤモヤを作っていってたかな・・
センス系意識するとそういう感じになるよね・・。

映像とかしっかりしてるし、
俳優さんもイイ感じなので、
やっぱりちょっと残念でした。

途中の木に♡とイニシャル的なのがあるのも
最初のトリップへの伏線位なものなのかしら。
どうなんだろ、ここはネットの皆さんも
考察が行き届いてなくてモヤモヤした。

まあでも、時間モノ好きは通った方が良い映画かしら。

2022年5月28日土曜日

私ときどきレッサーパンダ


 ザベちゃんのラジオでおススメしてたので鑑賞。
というのも、オビ=ワン・ケノービがいよいよ
ディズニープラスで公開となったので、
ディズニープラスに再入会したんで見たという流れ。

要約を最初聞いた時は???って感じで、
何か面白そう、っていう雰囲気だったけど、
見終わった後に要約を聴くと、めっちゃちゃんと要約してて笑った!
そういうもんかもわからんね、これは。

そして映画。
ディズニーの王道っぽい映画じゃないなーと思ってたけど、
見終わった後の納得感は凄い!
あらゆるお話内の問題が全てバチーンと結論が出て終わる。
脚本力が凄まじい!お見事でした。

メイキングを観たらスタッフが女性ばかりで、
リーダーも女性で、
そういう部分がお話にいい影響を与えていて、
男性のワテが見てもドキドキワクワクで面白かったです。

レッサーパンダに変身する最初のキッカケの所は
本当に感情移入して観るとマジでヤバイよね。
主人公良くあのリアクションで帰れたな・・
自分だったら失神するわ・・

キャラクターとか凄い良くて、
4人組のミステリアス担当の人がお気に入りでした。

子供向けという感じでも無くて、
老若男女問わず楽しめる作品なのでは。

2022年5月22日日曜日

ラストナイト・イン・ソーホー

 


今日の気分はこの映画。

はい、面白かった!!

この映画、ネットでも好評で気になってたけど、
何で好評だったのか、良ー--くわかった!!
これはマジで面白い!!

脚本や企画が主導なのかな?
とにかく、映像や音楽がオシャレで、テンポも良くて。
個人的に好きな「あざとい」映像が続いて、
それが最後まで気持ちよく。

余計な情報をシャットアウトして、
観てる人をこっちへとミスリードしておいて、
最後にバコーンと裏切るスタイル。

いやー、騙された!!
そういう事かー--!!
良くあるっちゃー良くあるのかもだけど、
すっかり騙された!!

そして見終わった後の後味が凄く良い!!
スタッフロールがさっとイイバランス感で終わるので
何とも気持ちが良い!!

映像もここどうやって撮ったの的なカットが
満載で、そのフワフワとどっちつかずな感じが
続いて感情移入しちゃうので、
ああ、このまま悲劇に突入なのね・・という
覚悟をさせてくるんだけど、
それをビシっと綺麗に裏切ってくれたわうふふ。

時間モノと言うけれど、
時間モノなようでそうでは無いかなぁ。
難しい所だけど。

個人的に60年代のファッションも好きで、
その辺もツボを突かれた感じある。

これは人におススメできる作品ですことよ。

2022年5月15日日曜日

ピザのトッピングはパイナップル

 


デリバリーのピザを頼む時も、
トッピングはパイナップルを乗せたい。
どんな味にも合う!!

リピート

 


最近自分の文章力が落ちたな・・と思う事が良くあり、
リハビリ的に小説などを読もうと思い立ち、
まずは軽い感じで・・という事で、
イニシエーションラブが面白かった乾氏の作品から探してたら、
時間モノで興味が出たのでこれを選択。

バチっと見事にハマった!

読み終わった後の感じは最悪だけど、
設定とか展開、アイデアは抜群だよね!!

中盤のどうなるのこれ感、素晴らしい。

最近マルチバース的なのが流行ってるけど、
これは2000年代前半の作品。
かなり先行ってるな~。

出てくるシチュエーションがやはり
携帯電話が普及してなかったりで
色々と違和感もあるけど、
どの時代でもこの話は成立しそう。

とにかくアイデアが良かったので、
読んでる最中は色々と妄想が捗って楽しかった。

この手の作品もっと読みたい!

2022年5月14日土曜日

スシロー

 


最近シン・コロが落ち着いてきて、
外食にチョコチョコと行けるようになってきた。
嬉しい!!

そんでスシロー。
最近はスシローに良く行くな~。
スシロー美味しい。

2022年5月11日水曜日

人間ドックの後はカツ


 人間ドックの後は必ずカツを食べる習慣が出来ました。
今年も美味しく頂きました。
最近は無理なく健康的な食生活が出来てる感じあるので、
待ってました感が薄いのは正直ある。

2022年5月8日日曜日

鳩の撃退法

 


GW、悔いの無いようにもう一本見たい!ってなって、
ちょっと気になってた邦画を勢いで鑑賞。

コレが!

意外と面白かった!!

小説ありきのお話で、よくこれを映画化したなーと感心。
前にイニシエーションラブという作品があって、
原作読んだ時にこれは映像化無理だろー-!!って思ってたら
めっちゃイイ感じで映像化されてたのを思い出した。
これも原作読んでたら面白かったのかなーとか。

作品が最近流行りのメタ的構造になってて、
現実と小説がごちゃごちゃになる話。
何でもない出来事が最後にブワーっと回収されて、
一つのお話になる的なヤツ。

邦画はこれが得意な気がする!!
前に見たパーマネント野ばらもそのタイプで、
あれは今思い出しても背中がゾクゾクする感じあるけど、
めっちゃ良かった。
この作品もその感じとは違ったタッチで、
伏線を張りまくって、でもその伏線も退屈じゃなくて、
で最後どどどと回収して余り余韻なくバチっと終わる。
おーってなる感じ。

Webの考察色々読んだけど、
そうなのよね~とか読んでて楽しい感じ。
うまく考えられてるわ~。

大スペクタクルショーというわけじゃないのだけど、
見終わった後の満足感とモヤモヤ感が気持ちいい、
そんな映画でした!
これは好き!

弱点としては、出演者が全員知ってる人なのよね・・
まあいいんだけど。映画なんてそういうもんだから・・。

DUNE/デューン 砂の惑星

 


時間のある時しか見れない大作。
155分やて、長いわ~

そういえば前のデヴィッド・リンチ版も見てないので、
ほぼ前情報無しで鑑賞。

なるほどなるほど、
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の世界観だわねコレは。
映像美とたっぷりとした間。
好き嫌いにガッツリ分かれると思う。

この監督の作品は2本程見てるけど、
メッセージは時間モノというのもあって好きだった。
ブレードランナー2049はちょっと好みじゃなかった。
アナが良かった位だったかしら。

で、この作品。

原作モノなので展開をまるっと変える事はできないとは思うけど、
映像美と間は凄まじいものがあって、
前半何も起きなくて静かなのよね。
世界遺産とかの映像番組見てるかのような
たっぷりとした展開で、見てるこっちは
「こんなゆっくりで大丈夫!?そろそろ映画終わるよ!?」
って感じで、途中眠たくなって映画を止めて数分睡眠しちゃいました・・

で、大きな展開がドーンと入ってからはイッキにもうわーわーの感じで。
前半のフリが効いてるので色々とヤキモキしたり緊迫感あったりで。
まあココは十分楽しかったでございます。

で、原作とか知らない人から言わせると、
もうこのわーわーの所から始めたら良くない?って感じでした。
わーわーしながら、実は・・ってやって欲しかったわ。

色々良く出来てるのでそんな文句は無いのだけど、
眠たくならないギリギリを攻めて欲しかったわよ。
映画って難しい。

2022年5月7日土曜日

エターナルズ

 


映画は見ないとわからない!

というわけで、今年のGWはMARVEL3連発という事でね、
今回のそのラスト、エターナルズでございます。

ネットでの評判はとにかくすこぶる悪い!
長いしおもんない的なのが散見されてて、
そうなのかー、うーんいつ見ようかなーくらいのロウテンションな感じでした。

もしかして、そのハードルの低さが良かったのかもしれないけど、
見終わった後、えー!そうなの!面白かったけど!
って感じでした。

スーパーヒーローが敵とドカバキ派手にやるのを
期待して観ると確かに物足りない感じはあるかもだけど、
お話としての面白さが大事なので、
そこは十分に予想を遥かに越えて来た感じある。

まず、設定が壮大!!
「指パッチン」に触れてるのでMCUと同じ世界っぽいのに、
敵の壮大さが凄まじい!!
地球がヤバイ所の話じゃないのよねこれ。

そして、善悪の感覚がグルグルする感じステキ。
最初に刷り込まれた善悪の構図を
映画の中でくるくるさせてくるの、イイよね!
これ良かった。

そんで、全体的な独特の間が良かった。
なんだろ、センスなのかな。
テンポとか間が凄く良い瞬間がいくつかあって、
あー気持ちいいな~って所が何か所もあった。
背景をどーんと写したり、
セリフまわしだったり。

ストーリーがどうなるのかウロウロするけど、
しっかりどんでん返し的な事もやって、
動機と結果に納得感のある感じ。
これなかなか出来ないけど、イイ感じで出来てた気がする。

最近えーなんだよそれ・・みたいな萎える動機を時々みたので、
今回映画の中で萎える展開は無かった。
ん、それはイイの?みたいのはちょっとだけあったけど。

とにかく、原作通りみたいらしいけど、
壮大な設定と思うようにいかないストーリーライン、
納得感のある最後。
長くて派手な映画ではないけど、楽しめました。
観ないとわかんないよね~これは~!

2022年5月6日金曜日

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

 


という事で今年のGWはMCU関連で行く感じかしら。
早速次のスパイダーマンを見る。
観て思ったけど、こっちがヴェノムより先だった(笑)
そんなに影響なかったけど。

内容はヴェノムよりもセンスが良くて、
くだらない事を真面目に描くと2時間半持つというパターンの映画でした。

だってよ、新しい敵が一つも出てこないって、
なんつーか、良く出来たファンムービーみたいになってるでしょ。

マルチバースのアイデアは面白いけど、
こういう形で時空を物語の都合でいいとこどりするのって
何だかなーという印象。

やっぱりMCU名物の「敵に苦労」問題、
マルチバースで何とか決着した感じ。

まあ、3人のスパイダーマンが集まった時に
おーっ!ってちょっと盛り上がった。
この映画のピークはそこ位かしら。

ホント、最近良く出来たファンムービーみたいなの多いなぁ・・

2022年5月4日水曜日

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ

 


最近は年齢のせいか、
昔の怠惰な部分がどんどん剥がれていって、
やらなきゃいけない事を一生懸命やるようになってきた。
GW当初に掲げた目標に対して、コツコツとクリアしていっている。
凄いぞ!!俺!!

というわけで、ご褒美に映画。

時間が遅かったので短めの映画という事でこれ。
その他の見たい映画は短くて120分!
150分越えとかもあるよ!
流石に2時間半は勘弁して欲しい・・

で、この映画。
うん、1もまあまあだったけど、
その感じのまま2も来てます。
MCUは80%くらい網羅してるのだけど、
毎回思うのが、世界が繋がっていると
結局悪役の規模がどんどんショボくなるのよね。

アベンジャーズと戦うのはやっぱり地球とか宇宙規模の敵。
で、こういう細かい作品はどうやったってローカルな敵。
それが透けて見えちゃうのが難しい所よね。

お話はヴェノムと主人公の漫才みたいな感じで、
二人の掛け合いや友情を楽しむお話。

ポップコーンムービーといった感じかしら。
多くを望まなければ、
まあそれなりに楽しめる感じでした。