2022年1月18日火曜日

Castlevania 暁月の円舞曲

 


遂におわってしまった・・
寝る前にコツコツとプレイしてたんだけど、
毎回毎回大事に育てるようにプレイして、
今日遂にラストボスをやっつけてしまった・・
マップも100%達成!

いやー、面白かったなぁ・・
とにかくバランスがめっちゃ良くて、
ずーっと楽しいが続くのよね。

RPG的に自キャラが育つので、
こんなとこ進めるの!?みたいなのが
後になるとサクサクと行けちゃって超快感。

マップに散りばめられた色々なギミックが
程よくバラバラになっていて、
最初は一本道っぽいんだけど、
途中からは探索の為にウロウロ。

このウロウロが楽しかったなぁ・・

ここどうやんの?あーでもないこーでもない、みたいな。
そんな事をちょっとやっては寝る、を繰り返し。

最後は盛り上がりまくって終わった・・。

シナリオは何だこれ的な感じで、
新人がやったのかなと思ったらIGAさんだった(笑)
名プロデューサーもシナリオは人に任せた方がイイ!(笑)

音楽はちょっと濃ゆすぎる印象だったかしら。
もうちょっとライトなのでもイイのになという感じ。
後半は畳みかけるように名曲が流れてかなり上がったけど。
でもどの曲も良くできてた。ステキ。

久しぶりにプレイする度にワクワクするゲームだった・・

2022年1月16日日曜日

新しいPCへの環境移行時のメモ

 


動画作っててもPCのパワーが足りないと感じる事が多く、
これは買い替えでしょ、という事でどりゃっ!と購入。
半導体不足でPCむっちゃ高かった・・

また次の移行時の為に今回の事をメモ。

・google関連は何もしなくても大丈夫
→アカウントにとにかく紐づいてるので、chrome入れたらそれで終わり感ある
→google driveもそのまま簡単に移行

・今回ハードの移行はPT3とHDD
→HDDはすんなり移行。
→PCケースがHDDを簡単につけられるヤツで感動した。
パチっとやってポンだった。凄い。

・PT3は少し苦労した
→前回はファイルを移動とパスを書き換えるだけで終了したが、
今回は動かなかったのでエラーをググったら、
UEFIでマザーボードの設定を変えなくてはいけない感じ。
設定変えたらすんなり動いたけど、ビビった。

・旧PCをサーバ化するので、リモートデスクトップの何かないか探したらあった。
RustDesk。
全然遜色ない感じ。WindowsをProにしなくてもいけるかも。
しばらくはコレで。

・ビデオカードの設定でかなり時間かかった。
→どうも特定の色味が強いとサチュレーションがかかってマッハバンドが出る。
見覚えのある現象だったので、ビデオカードの設定を色々やるも、なかなかうまくいかず。
結局はNVIDIAコントロールパネルのビデオカラー設定で何とか見られる感じに。
明るさを50%にして、コントラストを40%にした。
デフォルトでサチュレーション起こすってどういうことやねん!
それとも、最近のHDR対応ディスプレイはその辺うまく出してくれるのかしら。
100点じゃないけどまあ許せる範囲まで来た感じ。

・WAVESがうまく動かなかった。
→当たり前なんだけど、前のPCをデオーソライズしてライセンスをぶっこぬいて、
クラウドからまた今のPCへ落とす作業を忘れてた。
何だか動かない感じが続きモヤモヤした。

・NIのサーバが遅くて大変
→HDDをそのまま持ってきてたら、虫眼鏡のマークを押して選ぶとダウンロード無しでインストールできる。
→これ、ソフトがもっと頭よくやってくれないかしら・・

・Steinbergのはソフトごとにインストールが必要。
→一個づつやろう。めんどいけど。

・iZotopeのOZONEはiLokに権利があるのでさっといけるかと思ったら、
iLok IDとの連携に失敗してPCへオーソライズ。
なんだこれ!!iLokはもう時代じゃないよね・・
そんでうまい事いってないのがよくわかってない時に、
CUBASEの出音が時々無音になって、これがOZONEのオーソライズのせいだとわかるまで
かなり悩みまくった・・これ何年かに一回やってる気がするな・・

・EZDUMMERは古いソフトなので、VST2なのにVST3のトコにインストールされる。
プラグインマネージャでパスを指定すると読み込まれる。ショボい。

・VisualStudioはコミュニティ。
何も考えずにダウンロードすると最新が落ちてくるので注意。

2022年1月5日水曜日

ストレンジャーシングスをイッキ見

 


今年の年始年末はコレ。
ストレンジャーシングスをシーズン1~3までイッキ見。

笑ってはいけないが休止で何もする事が無かった年末も、
特にコレといってやらなくてはいけない行事も無かった年始も、
全部コレで終わった感じ。

最初の数話はこの手のお話で良くある、
あんまり掴まれない感じあった。

んー、どうなのかしら、この感じ、と。

そんで、途中でググっと掴まれて、
その後は最後まで怒涛のラッシュという感じ。

シーズン3で良かったわ・・
これもっとあったら体力持たないわ・・

まあクソ程面白いお話という感じでは無かった印象だけど、
しっかり掴まれて離さない吸引力はちゃんとあったかなー。

シーズンを重ねてリアルに成長しているキッズを見守る楽しさもあり。
R15でネットフリックスなのにそんなに人が死なないもの良い。

とにかく登場人物を殺しておけばよいみたいなのはうんざりだから。
イカゲームはひどかった・・

後は会話の英語が聴き取りやすくて、
かなり字幕を通してじゃない生の感覚を得やすいのも良い。
字幕をそうするのもわかるけど、英語ではそうは言って無いよね、的な
優越感にちょっとだけ浸れる感じ。
わざと分かり易くしてくれてるのかな?
調子に乗ってチラっと他の映画見たら全然聴き取れなかった!
ショック!!

後は効果音の大げさな使い方が良かった。
シーンの切り替わり後の車のドアをドカンと閉めたり、
演出として記号的に爆音を使う事で締まる。
コレは教材になりそうな位。

ドラマなので登場人物を一人づつしっかり掘り下げていく分、
感情移入ができるのがイイよね。
ここがダルいと見たくなくなるし。

今年はシーズン4もやるみたいだし、
これは要チェックという感じかしら。